熊谷ゴルフスタジオの最新の設備

打席は、冷暖房エアコンにより室温が調整された中での2打席となっています。打席は2打席ともに、トラックマンでより正確な計測を可能にするため、打点からスクリーンまでの距離が4mとし、その内、1打席は左右で使用可能です。
また、熊谷ゴルフスタジオでは、より正確に飛距離や弾道軌跡を計測(※)できるようにするため、使用ボールにはコースボール(極力傷なしを選定)を使用します。お客様自身が普段使われているボールの持ち込み使用も可能です。是非、コースボールで、各クラブの番手別の飛距離を正確に計測し把握することにより、本番のコース上でのスコア向上やレベルアップにつなげていただければと考えています。
※練習用(レンジ)ボールでは反発係数などが変わるため正確な距離を計測・把握することがコースボールに比べ難しいため。

現在造成中ではありますが、天然芝(クリーピングベントクラスCY-2種子)のパッティンググリーン(6畳程度)及び3m程度のアプローチ練習が可能な天然芝(ティフトン419使用)のアプローチ練習場を造成中です。※パッティンググリーンはゴルフ場と同様、すべて極小サイズの砂を敷き詰めるという構造にしています。また、今後の予定としてはパッティンググリーンとアプローチ練習場の完成後には、バンカーを造成したいと考えるなど、お客様の満足向上に努めていきたいと考えています。※このパッティンググリーン、アプローチ練習場、バンカーは、会員の皆さまにより喜んで熊谷ゴルフスタジオをお使いいただくために準備しているため、使用は会員の皆さま限定となります。

トラックマン

世界一正確なレーダー弾道測定器。世界で活躍するたくさんのプロゴルファーも自らのスウィング分析をするためにトラックマンのデータを信頼し、利用しています。トラックマンでは、スイング、インパクトの瞬間、飛距離、弾道及び着地までをその場で正確なデータを確認できるので皆さまのレベルアップに必ず役立つものと信じています。また、計測だけでなく、トラックマンから定期的にアップロードされるツアー選手たちの最新のスイングビデオと分析結果もお客様のレベルアップに有効です。

トラックマンで測定できる項目の一例

  • スマッシュファクター:クラブヘッドからボールにどれだけエネルギーが伝わったかを示す数値。
  • スピン量:インパクト直後に発生するボールの回転数/分。見落とされがちですが、ショットの高さと距離に大きな影響を与えます。
  • 打ち出しアングル:地面に対してボールがどのくらいの角度で飛びだしているかを示す数値。打ち出しアングルはダイナミックロフトの数値とも関連しています。
  • キャリー:打つ場所と落下地点が同じ高さの場合の、落下地点までの距離。
  • ボール速度:インパクト直後に計測されるボールの速度
  • クラブスピード: クラブヘッドがインパクト直前に移動している速度で、お客様の潜在的な距離が把握できます。
  • 動的ロフト: インパクトの瞬間のロフト。
  • アタックアングル: クラブの入るアングルで、マイナスならばダウンブロー、プラスならばアッパーブローになります
  • クラブパス: クラブがボールに当たる出棺の浮きで、インパクトを迎える直前からインパクトを通過したときのクラブの左右の軌道。インサイドアウトやアウトサイドインなどが把握できる数値です。
  • フェースアングル: クラブがボールに当たる瞬間のクラブフェースの開き/閉じ具合。

ホグレルディッピング

ゴルフスイングに重要な肩甲骨まわりの柔軟性を高めるための器具。ゴルフ練習前に肩甲骨まわりの柔軟性を高めたり、ゴルフ練習後に肩甲骨まわりの筋肉をほぐすために使います。
※写真は商品イメージです。施設に設置してあるものとは異なる場合がございます。